ギャンブル習慣が原因で起こる腰痛とその予防法

カジノ場あるいはオンラインカジノのどちらであっても、賭博は通常、座った状態でするものですよね。仕事でも座りっぱなし、娯楽中、すなわちオンラインカジノでベッティングを楽しんでいる時も、座りっぱなしとなれば、長時間におよぶ座位によって、背部に不快感を生み、背中、頸部、腕、脚への緊張を高め、背中の筋肉にかなりの負荷をかけることになります。

腰痛または肩・首のこりは、それが激痛でも軽度のものでも、深刻な問題となります。背中の痛みをもたらす最も多い原因は、座っている時の姿勢が悪いことです。首や腰、肩は、前かがみの姿勢で座っていると痛めることがあります。

症状・痛み

日頃からストレッチをしていれば、痛みは治まります。また合併症でないケースであれば、痛みは耐えられるレベルとなるでしょう。これらの痛みは、自宅でも緩和することができます。

ストレッチをした後2~3日経っても背中が耐えられないほど痛んだり、痛みが数週間続いたり、脚にまで痛みが広がってくる場合には、医師の診察を受けるべきです。なかなか消えない日常的な凝り、睡眠障害、または灼熱感や痛みなどは、状態が悪くなっている兆候です。

また、痛みが全身に広がる場合もあるので注意が必要です。倦怠感や発熱を引き起こすこともあります。膀胱や腸の機能低下を生じることも珍しくないのです。

腰痛の予防法

痛みがひどくない場合には、自宅でも十分解消はできますが、悪化させないよう十分に気を付けるべきです。

中程度の腰痛に対しては、自宅でもできるいくつかの療法があります。痛みの箇所を冷やした後に、再び温湿布を当てるなどで、これは応急処置的な方法です。ヨガなどのストレッチは、背中の筋肉を伸ばしたり強化したりすることができます。ただし、それでも痛みが残る場合には、医療機関へ相談することを検討すべきでしょう。

腰痛に効く運動

ギャンブル中、30分おきには座った姿勢から立ち上がって、5分間ほど歩いたり筋肉を伸ばしたりするといいでしょう。忘れてしまいそうなら、携帯のアラームをかけて確実に行うようにしましょう。

自宅でオンラインギャンブルをするのであれば、多くの人がいるカジノ店舗のような、公衆の面前ではとてもできない運動もできますよね(笑)。

腰を強くするのに役立つ体操はたくさんあります。例えば「プランク」です。まず床にうつぶせになります。次に、腕立て伏せをするように腕と足で体を持ち上げます。腕は肩幅に開き、脚も同じ幅に開きます。この姿勢で60秒キープした後、1分間伏せて、これをもう一度繰り返します。

他にもおすすめな体操は、「猫と犬のヨガストレッチ」です。まず手のひらとひざをつきます。先ほどと同じく、手は肩幅に開き、ひざはおしりの真下の位置で、手と同じ幅にします。猫のポーズは、あごを引いてお腹を引き上げ、肩を丸めて、腰と背中を天井に向けて押し上げます。犬のポーズは、お腹を下げて、尾てい骨を突き出し、顔を上げて背中を反らせ、胸を床に向けて押し下げます。